相場よりかなり安くなるケースが多い


不動産は、単独名義にしていることも多くなっていますが、夫婦や兄弟などで共有名義になっているケースも少なくありません。
共有名義の不動産を持っている人は、自分の不動産持分だけを売却したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
自分の持分を売るときは、他の共有者に相談する必要があるのかということになりますが、自分の持分のみの売却であれば、他の共有者に同意を得ることなく自分の判断で売ることができます。
自分の不動産持分はなら売ることは可能ですが、やはり注意点もあります。
不動産持分を売却する場合は市場価格の半分以下の金額になることが多いといわれています。
その理由はそもそも共有持分の需要が少ないことがあげられます。不動産持分を購入しても、他の人が住んでいる場合は自由に住むこともできませんし、リフォームをすることも売却も難しくなります。
取得した不動産を自由に使えないとなるとわざわざ購入する意味はなくなります。

専門の買取業者に依頼することも考える


市場価格で売るなら、他の共有者と話し合いをして、不動産全体を売却するという方法もあります。とはいえ、他の共有者が同意してくれるとは限りません。
不動産持分のみを売りに出しても、買い手がつくことは難しいこともあり、値段もどんどん下がる傾向があります。
少しでも早く良い価格で売却したいのであれば専門業者に買取を依頼することも考えてみましょう。
市場価格と同じとはいかないまでも、買い手を探す必要もなく無理に値下げをする必要もないので、一般的な売却よりも高値になることが期待できます。
売却する前には、市場価格も調べておき、専門買取業者を利用する場合も相見積もりをしておきたいところです。
トラブルを避けることも大事ですので、共有持分の買取で多くの実績を持つ信頼性の高い業者を選ぶようにしましょう。
共有持分が高く売れる条件としては、ローンが完済されていることや自分の持分が多いことなどがあげられます。
さらに、共有者の人数が少ないことやその物件に住んでいる人がいないことなどもあげられます。

まとめ

不動産は単独名義ではなく、共有名義になっているケースも多いといわれています。
自分の持分であれば他の共有者の同意を得ることなく売却することは可能です。とはいえ、こうした不動産の需要は少ないこともあり、売れたとしても市場価格の半額以下になることは知っておきましょう。
少しでも高く売りたい、早く買い手を見つけたいという場合は共有持分を専門に買取をしている業者への相談も考えてみましょう。
この場合も信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。

不動産持分の売却相場は市場価格の半分以下になるケースが多い

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。