遺産相続では兄弟間でトラブルが起こりがち


誰しも両親が亡くなり、今生の別れをするときがやってきます。
産んで育ててくれた両親が亡くなることほど苦しいことはありません。
悲しみのどん底に突き落とされますが四十九日を過ぎたころから遺品整理や遺産分割を兄弟間で行わなければなりません。
とくに土地家屋の扶桑さんの遺産分割では、仲のよかった兄弟間でも揉めることが多く見られます。
長男長女が両親が所有していた家屋に住み続けていることも多く、その物件すべてを売却し現金化して兄弟で分割することを嫌がることもあるんです。
肩やほかの兄弟は売却して現金を受けたいと思って居ると、そこで衝突が生じ骨肉の争いになることがあります。
また夫婦の間でも、どちらかが浮気や不倫などをして離婚が決まったときに、どのように不動産を分割するか揉めることがあります。
遺産分割や財産分与では、人間の欲が渦巻き非常にもめるケースが多くあるということを知っておかなければなりません。

トラブルを避けるなら不動産持分売却を


一度兄弟間で遺産分割の話し合いが決裂してしまうと、再び協議をすることは、難しいです。
仮に兄弟たちが遺産分割協議のテーブルについたとしても、一方は不動産を売却せずに親の家を守る、もう一方は全部売却して現金化して分けるという間あげを曲げないでいると平行線をたどるだけです。
そして価値観の合わない兄弟が頻繁に会うことでますます関係が悪化するとも限りません。
そこでこのような骨肉の争いになる前に、不動産の共有名ギ人から自分の名前を早々に削除するというのも一つの手です。
それには不動産持分売却がおすすめです。
不動産持分売却は共有名義人の兄弟の了承なしに自由に勝手に売却する事が可能なのです。
つまり不動産持分売却は給油名義をほかの第三者の人に譲渡することを指すんです。
兄だいの内一人が不動産持分売却をしてしまうと、ある日突然共有名義人が第三者の赤の他人が含まれることになります。
残った名義人の兄弟は赤の他人の名義人と今後家賃相当を毎月支払うか、買取や売却かの交渉のテーブルにつくことになるんです。

まとめ

両親の不動産などの遺産分割では、兄弟間でのトラブルがおりがちです。
不動産を売って現金を分割するか、家を守るために共有名義どまりかでもめ協議がままならないことも多いです。
こうした兄弟間の煩わしいトラブルから離れたければ、兄弟の了承が必要ない不動産持分売却がおすすめです。
不動産持分売却は共有名義を第三者に譲渡し、自分は持ち分を現金化しお金を得ることが出来るんです。
しかし残された兄弟は、赤の他人の第三者の名義人と今後分割協議をしなければなりません。

共有者とのトラブルを避けるなら不動産持分の売却が一番確実な選択肢

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。